トップ / 結婚指輪を探したい方

結婚指輪は夫婦の証し

結婚指輪は夫婦の絆の証しとして、また対外的に婚姻していることを表すものとして用いられています。その起源は古代ローマであるといわれ、中世期にまでにはヨーロッパ中に広まりました。日本で一般的になったのは戦後の1950年代以降ですが、以後急速に普及しました。近年は結納を省略したり結婚式を簡略化するカップルも多い中、指輪に関しては婚姻の証しとして大多数の夫婦が購入しています。毎日身に付けるもののため、素材は劣化に強いプラチナ、デザインはシンプルなものが主流となっています。

高齢者への贈り物の情報

© Copyright 高齢者が喜ぶ贈り物とは. All rights reserved.